飛行機を使わずにアジア旅

飛行機を使わないでアジア旅!!

飛行機が怖くても旅はできる

息をのむアンコールワットの朝日鑑賞と1日遺跡巡り

 

 

ずっと見たかったアンコールワットの朝日

 

(2019/05の出来事)

 


インドのタージマハルを2年前に見てからは、

次はアンコールワットを見る番だと思っていました。

そんな私の願いが遂に叶ったのです。

 

 

アンコール遺跡群をどう巡るか

 

私たちは前日に乗ったトゥクトゥクドライバーに交渉しました。

(本当はI君にお任せしちゃいましたが笑)

とても人の良さそうな感じだったので。

 


通常、小回り大回りコースというのがあって、

どの遺跡を見たいのかによって変わってきます。

 

トゥクトゥクの料金

 

トゥクトゥクの相場は、小回りで15〜20ドル大回りで20〜25ドルだったかな。

 


私たちの場合、朝日から夕日まで回ってくれとお願いしたため、二人で30ドルでした。

早朝4時45分から19時ですよ!?

1人1日貸切約1600円って安くないですか!?

(後で書きますが、素晴らしいドライバーさん💛だったのでチップもお渡ししました。)

 ※料金は必ず最後に渡しましょうね。

 

1日の始まりはじまり

 

朝の4時過ぎに起床し、準備開始。

45分頃にホテルのロビーへ行くと、ドライバーさんはもう待っていました。

しかし、前日お願いしたドライバーさんではなかったんですよね。笑

不安な気持ちを抑えて乗り込みます。

 


真っ暗な街をトゥクトゥクで走り抜けます。

風が心地よかったのを覚えています。

 


f:id:littlegreeneri:20190817231331j:image

(写真の許可取ってないけど、まあいいっか。笑)

 

 

すると段々と空が明るくなっていきます。


5時過ぎにアンコールワットに到着し、

入り口でチケットを見せて中に入ります。

 


まっすぐ歩いていくと

夢に見た光景が目の前に広がっていました。

 

暗闇だった世界に、

段々と光が溢れていきます。

f:id:littlegreeneri:20190817231417j:image
f:id:littlegreeneri:20190817231612j:image
f:id:littlegreeneri:20190817231633j:image
f:id:littlegreeneri:20190817231629j:image
f:id:littlegreeneri:20190817231621j:image
f:id:littlegreeneri:20190817231618j:image

 (人がたくさんいたので、写真をとるのがメインの人はもう少し早く行くことをオススメします)

 

 

秒刻みで変わっていくその光、景色、

それはただただ美しいものでした。

 

自白すると、歴史は苦手というか興味がなくて(ごめんなさい)

遺跡の歴史がどうなのか等は全く分かりません。

恥ずかしいことではございますが、

これが私です。

 

私はただ、

何百年も変わっていないだろうその景色を

今、見ることができるのはすごいことだなー。

一体今までどのくらいの人々を魅了してきたのだろう。

なーんて単純なことを考えるのが好きなんです。

 

 

朝日を見て写真を撮った私たちは、

アンコールの遺跡たちを回るのです。

 

先ほど申し上げましたが、

歴史に興味のない私はただただ色んな遺跡を巡ったという記憶であります。

本当はブログで一つ一つ歴史などを語ることができたらいいのでしょうが・・

 

f:id:littlegreeneri:20190817232000j:image
f:id:littlegreeneri:20190817232014j:image
f:id:littlegreeneri:20190817232008j:image
f:id:littlegreeneri:20190817232004j:image

 

もちろん、遺跡に彫られた繊細なアート(?)などは

非常に楽しんで見ることができました。

f:id:littlegreeneri:20190817231834j:image
f:id:littlegreeneri:20190817231830j:image

 

コースとしては、小回り・大回りの遺跡はすべて回りました。(多分)

 

前日の睡眠時間が3時間に、

40度はあるであろう猛暑の中体感温度はそれ以上)、

死に物狂いで遺跡を巡りまくりました。

これ、水分補給(水だけじゃダメよ!)をしっかりしないと

死にます。(割と本気で)

 

 

さて、

ここでトゥクトゥクドライバーの登場!!!

彼、とっても優秀です。笑

クーラーボックスをトゥクトゥクに積んでいて、

遺跡から汗だくで帰ってくる私たちに

毎回冷たいおしぼりを渡してくれるんです

 

そしてお水も。

 

更に、遺跡見学から帰って来るや否や、

すぐに私たちを発見して

トゥクトゥクで近くに迎えにくるんです。

 

なんていうサービス精神

 

私とI君は、とっても感動したので

10ドルプラスでチップをお渡ししました。

 

こんなこと言いたくはないですが、

彼らも親切心ではなくチップのためにやっているのかもしれないです。

おそらくそうでしょう。だって彼らには生活がかかっているのだから。

ですが、それはそれでいいんです。

私たちは純粋に心を動かされただけです。

 

 

夕日は前日と変わらず、まあまあでした。

 

 

日が完全に落ちようとしている中、

アンコール遺跡を後にしようとしている私。

空が青に、水色に、オレンジに、黄色に、紫に・・

秒刻みで変化していく中、

トゥクトゥクに乗って、

心地のいい風を受けながら、

この地を離れていきます。

もう訪れないかもしれない、

いや、訪れないだろう、

昔から存在する不思議な場所を

私はこの先忘れはしないでしょう。

 

 

タイムトリップでもしたかのような、

素敵な場所に、

あなたもぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

 

写真コーナー 

 

f:id:littlegreeneri:20190817232243j:image
f:id:littlegreeneri:20190817232250j:image
f:id:littlegreeneri:20190817232256j:image
f:id:littlegreeneri:20190817232235j:image
f:id:littlegreeneri:20190817232304j:image
f:id:littlegreeneri:20190817232238j:image
f:id:littlegreeneri:20190817232301j:image
f:id:littlegreeneri:20190817232232j:image
f:id:littlegreeneri:20190817232308j:image