飛行機を使わずにアジア旅

飛行機を使わないでアジア旅!!

飛行機が怖くても旅はできるということを伝えたいです。現在はカナダ・バンクーバーへワーキングホリデービザで滞在しています。

プノンペンからシェムリアップ、夕日鑑賞

疲れていたので甘いものを補給したら元気になりました、


おねむの(笑)えりりんです!


------------------

(2019/05の出来事) 


プノンペンからシェムリアップへ 

アンコール遺跡群のある

シェムリアップへ!!!

恥ずかしながら、私、旅に出てからも

シェムリアップ

じゃなくて

シェリムアップ

だと思っていたため

自分の旅ノートのあちこちに恥ずかしい記録が残っております。笑

 


英語で書いたら分かりやすいです

 


Siem Reap

 


ん、たいして分かんないな。笑

 

アクセス

 

バスで向かうのが主流です。

プノンペンからはたくさんのバスが出てますが、早めに予約した方がいいです!

(私は前日に予約しようとしましたが、希望の時間が埋まっていました)

メモしていなかったので忘れましたが、

料金も15ドル前後だったかと。

所要時間?忘れました!

そんなに遠くないです。

 
Googleさんによると、

 

 

 
シェリムアップシェムリアップの雰囲気はというと…

アンコール遺跡群があるだけあって、

観光地!みたいな通りがあります。

夜はナイトマーケットにパブに、

パブストリート、なんて通りもありました。(有名です)

f:id:littlegreeneri:20200126093034p:plain

f:id:littlegreeneri:20200126093044p:plain

f:id:littlegreeneri:20200126093050p:plain

 

どうしても通ってみたかったので

I君を引っ張って(ちょっと大げさ)行きました!

 

余談

I君は私用で上海へ行っていたため、

カンボジアで合流することになったのです。

 

そしたら、音楽が大音量で流れていて

光はチカチカチカチカ!!!!!

私そういうのは弱いので、

頭がおかしくなりそうでした笑

 


I君がお酒をご馳走してくれるそうなので、大音量ミュージックの向かいのお店で一杯だけお酒を飲みました。

 

f:id:littlegreeneri:20200126093235p:plain

(テーブルが濡れているのが気になるなぁ・・)

 

そうしたら、通りで団体の若者たちが踊り始めました!

それを見ているだけで楽しかったです。

 
でもね、

分かったのは…

私たちはそういう場所の人間ではないっちゅーことですな。笑

 

さて、夕日を見たかった私は

ネットで調べてオススメの場所に!

 


プノン・バケン

 


という場所へ。 

 
ここは、人数制限が設けられていて、

忘れましたが300人だったかな?

早めに行くに越したことはないですね。

 


18時30分が日没でしたが、

途中でセキュリティのおっちゃんが来て、

今日の夕日はこれ以上良くならない!

と。

確かに、なんてことありませんでした。

運ですね。笑

f:id:littlegreeneri:20200126093330p:plain

f:id:littlegreeneri:20200126093317p:plain

f:id:littlegreeneri:20200126093343p:plain

f:id:littlegreeneri:20200126093357p:plain

f:id:littlegreeneri:20200126093410p:plain

 

でもね、こんな遺跡の上で日没を迎えるって

神秘的なことですね。

遠い昔の人も、こうやって夕日を眺めていたのかしら・・・

 

アンコール遺跡群のチケットについて

ちなみに翌日のアンコール遺跡群のチケットは、

前日の17時から販売しています。

というのは、朝日を見に行くのに、

早朝に買っていては間に合わないからです。

チケット売り場へは、

市内からトゥクトゥクで15〜20分くらいだったかな?

 

ここです↓

 

1日・3日・7日のパスがあります。

相当遺跡が好きなのであれば、

3日か7日で楽しめると思いますが…

普通の人間は(笑)1日でいいです。

ていうか、お任せします♡笑


1日パスの料金

 37ドル

高いかもしれませんが、

持っていないと恐ろしい罰金が待っているので、気をつけましょうね!

f:id:littlegreeneri:20200126093525p:plain

 

次回にアンコール遺跡群を

1日で朝日から夕日まで駆け抜けた記録を書きたいと思います。

 


素晴らしい朝日の写真も見逃さず♡