飛行機を使わずにアジア旅

飛行機を使わないでアジア旅!!

飛行機が怖くても旅はできる

リゾートバイト(自己流質疑応答)

 

えりりんです!

 


今日もとびっきり素敵なお客様に出会いました。

全国で接客をしていると、

色んな方に会うことができます。

 


それに、一つの場所に留まらないからこそ

色んなホテルの良いところを吸収することができるんだと思っています。

 

 

 

さて、今回はお盆で忙しく

記事を書けなかったので

個人的なリゾートバイトのお話をしたいと思います。

勝手に質疑応答風にしていきますね笑

(後でパソコンで編集します)

 

 

今まで行ったことのある場所は?

 


広島県大久野島(うさぎの島)

f:id:littlegreeneri:20190813231817j:image

兵庫県ハチ高原

f:id:littlegreeneri:20190813231900j:image

 

鹿児島県霧島温泉

f:id:littlegreeneri:20190813232138j:image

(載せて良い写真があんまりなかった、残念)

 

大分県由布院

f:id:littlegreeneri:20190813232256j:image

 

島根県隠岐の島

f:id:littlegreeneri:20190813232407j:image
f:id:littlegreeneri:20190813232400j:image
f:id:littlegreeneri:20190813232412j:image

 

富山県宇奈月温泉

f:id:littlegreeneri:20190813234612j:image

 

山形県蔵王温泉

f:id:littlegreeneri:20190813234659j:image

 

(現在は秘密です笑)


です。

 

 

 

いつからしてるの?

 


2017年の7月から始めて

2年が経ちました。

 

 

 

以前はどんな仕事をしてたの?

 


大学を卒業してから、

就職活動をせずに携帯電話会社の窓口スタッフとして、機種変更などの仕事を2年間しました。

 


その後は、外資スマートフォン会社のコールセンターの業務をしていました。

 

 

 

リゾートバイトをしたきっかけは?

 


求人を見ていたら、

住み込みでこういう仕事があることを知り、

実際に大阪の支店に足を運んで

詳しくお話を聞きに行きました。

 

 

 

どんな仕事があるの?

 


色々あるんですよ!

ホテル関係の業務は一通りありますし、

(フロント、レストラン、洗い場、売店…etc.)

沖縄なら夜のバー?の仕事もあります。

レストランや美術館、水族館などもあります!!

 

 

 

リゾートバイトの魅力は?

 


何と言っても、一年中旅をしている、ということでしょうか。

ほとんどが観光地なので、休みの日はそういう所に足を運ぶことができます。

 

 

 

どんな人がしているの?

 


リゾートバイトをしている人…

特に多いのが、海外(ワーキングホリデー)に行きたい、だとか

宮古島にゲストハウスを作りたい(もうすぐ完成します)だとか、

役者になりたいという人もいましたね。

つまり、色んな人です笑

50代60代の方もいらっしゃいますよ!

 


短期でお金を貯めたい人が多いのかな?

というイメージです。

 

 

 

実際にしてみた感想は?

 


あんまり言いたくないんですが、

私、飽き性なんです。笑

なので、3ヶ月!などと期間が決まっているお仕事は、正直に言うと最高です。

だからといって、いい加減な気持ちは一切ありません。この3ヶ月間でいかに早く覚えて、いかにお客様を満足させることができるかを考え実行するのが、私の楽しみなんです。

それに3ヶ月もあれば、そのホテルの全体が見えてきて、今後の勉強にもなります。

 

 

 

興味がある人に一言!

 


最初の一歩を踏み出すのはとても勇気のあることです。私は実家を離れるのがとても辛かったのを覚えています。

ですが、そこでしか出会いない人々、そこでしか見ることのできない景色、すべてが新鮮で素晴らしい思い出となって私の心の中にあります。まだ見ぬ景色を想像してみてください、ワクワクしませんか?

やってみたい、という気持ちがあるのなら、大丈夫です。

恐ろしくビビりで人見知りの私だってできたんだから、間違いなくみんなもできます。断言できます。

 


それに、一人で行動する力も身につきます。

自立できる、ってことです♡

 


自分の力で何かを成し遂げる、ということはその後の人生の大きな宝になると私は思いました。(←たいして成し遂げてないのに偉そうだな。笑)

 


一言じゃなくなったけど、

そんな感じ、です!

 

 

 

また追加するかもしれませんが、

リゾートバイト!いいですよ♡

 


好きなことをしましょう、

いい意味で楽しんだもん勝ちです。

たくさんの人に伝えたい。カンボジア負の遺産

 

今回書かせていただくのは、 

カンボジア負の遺産についてです。

もしかすると気分が重くなるかもしれないので、

苦手な方は読まないでくださいね^ ^

それでも本当は…読んでいただきたいです。

 

 カンボジア負の遺産

 

 

トゥールスレン虐殺博物館/キリングフィールド

 

カンボジアの首都プノンペンでは、

トゥールスレン虐殺博物館にキリングフィールドと呼ばれる、負の遺産へ訪れました。

(歴史についてはうまく説明できないので、心の余裕がある時にぜひ調べてみてください)

 


一言で言うと、

1970年代にカンボジア国内で行われていた拷問・虐殺についてです。

 

 実際に何千人と拷問され殺された場所を訪れると、本当にこんなことが行われていたのかを疑ってしまうほどでした。同時に言葉を失いました。

数々の拷問の器具、そしてどうやって拷問したかその方法まで音声ガイドで詳しく説明を受けました。

そして殺された時の写真まで。

 

 

 

「私は絶対にこんなことはしない」

 

 

 

おそらくみんなそう思うでしょう。

その場を歩きながら、音声ガイダンスを聞きながら、私もそう思っていました。

 


しかし、音声ガイドでとても印象的だったのが、

(言葉は違いますが)

 


果たして同じことを繰り返さないって言えますか?

 

あなたの中ににポルポトが存在しないって言い切れますか?

 


絶対にしない、それは変わらないはずなのに、

そういった状況下で果たして私はNOと言い切れるのか。

大多数の人がYESと答えたら、私も変わってしまうのではないか。

もしかしたら、洗脳されてしまうのではないか。

実は今まで考えたことのなかったことに、恐怖を覚えました。

 


戦争だって、同じこと。

 


絶対に繰り返してはいけないことと分かってはいても、

じゃあ私の周りの人が皆賛成したら私は周りに合わせて賛成するのか。

極端な話、友達や家族がYESでも?

 


いや違う、

 


それでもNOなんだ。

 


 

 


今までは、当たり前のように考えていた

 


絶対にしない

 


から

 


「絶対にしない」

 


に変わった瞬間でした。

 


正直に言うと、最初は恐ろしくて訪れる勇気がなく、

ドミトリーのスペイン人女性二人に誘われていなければ行かなかったかもしれません。

それに実際、人々が殺されたキリングフィールドと言われる場所では、気持ちが悪くなり立っていられなくなりました。「死」があまりにも近くにありすぎました。

 

それに気のせいかもしれませんが、「死のにおい」もしました。

(以前インドのバラナシに訪れたときに、人が焼かれていたにおいと同じでした)

他の人に聞いてみたところ、40年も前のことだからあり得ないと言われましたが、

実際キリングフィールドと呼ばれる場所に、亡くなった人々が土の中にまだまだたくさん埋まっているそうですし、

雨が降ると骨が土の中から顔を出すこともあるそうです。

 

もしかしたら、人の死んだにおいを嗅いだことがある人にしか分からないのかもしれませんね。

不思議な体験をしました。

 

そして、

たくさんの人のブログやレビューには

「行った方がいい」「行くべき」などと書かれていましたが、
その「場」を訪れたのが良かったのか悪かったのかは、ごめんなさい、分かりません。

 

でも、私の中のふわふわしていた考えが確固たるものになったことは、大きな成長と言えるでしょう。

 


「これであなたは記憶の保持者です」

 


と締めくくられた音声ガイド。

 


私はここで行われたことを、

この先忘れないでしょう。

 


確かに記憶を保持したな。

 


そういう意味でしっくりきた言葉が、

すーっと心の中に入っていきました。

 


そういうことで、

私自身が思ったことを少しでも伝えることができたらと思い、

この文章を書きました。

 


もしここまで読んでくださっている方がいらっしゃれば、

本当にありがとうございます。

長文乱文失礼いたしました。

 

ホーチミンからプノンペンへ【バス移動】

 

世間はお盆ですね。

私の働いているホテルはもちろん…満室です。

部屋数が多くないので、

いつも通り+少しバタバタという感じです。

 


どこも混雑している中で、

いい温泉に料理に、

楽しんでいかれることを心から願っています♡

 

 

 

えりりんです!

 


------------------

(2019/05の出来事) 


ホーチミンからプノンペン

 

 ベトナムにバイバイして、

カンボジアの首都である

 


プノンペン

 

には、バスで移動しました。

 


バスについて/料金など

 

 私が利用したバスは、

 

Giant ibis という会社で

 

他社に比べると$30($27だったかな?笑)

高いのですが、

国境を越える手続きにびびったので

安心をお金で買いました。

びびったというのは、

カンボジアのビザを国境で取得する必要があったのですが(アライバルビザ)、

おいていかれたという情報もあったので

安心できるバス会社を選んだ次第です。

 


バスはホステルでも手配してくれるとは思いますが、

私はGoogle mapで調べて直接買いに行きました。

プノンペン周辺で「Giant ibis」と検索するとで出てきますよ!

 

 
そして、カンボジアドルが使用されているので、

近隣国あるいは日本で事前に両替してくださいね〜!

アライバルビザの$30+(謎の)事務手数料$5も必要なので、来る前に両替が必要です!

いかにこの事務手数料を払わないようにするか、みたいな議論?もありますが…

私みたいな心配性の人やビビリの人は何も考えずに払ってしまいましょう。笑

$5で心配しなくなるなら、安いもんです。

 

ちなみに、国境越えとビザはバス会社の人に任せたので

楽勝でした。

またまた心配損です。笑

 


流れ

 

  1.  バスに乗り込む
  2. ベトナム国境で降りて出国
  3. カンボジア国境で降りてビザを取得 (私は任せたけど、個人でも取得可能)
  4. カンボジア入国
  5. プノンペンに到着


書いたら普通だった

 

プノンペン

 

 ベトナムからカンボジアに入ると、

明らかに雰囲気が変わりました。

正直に言うと、貧しさが伝わってきました。

 


街ではトゥクトゥクの勧誘は激しくなり、

スリやひったくりが起きそうな雰囲気も漂っていました。

 


ちなみに余談ですが…

良くない雰囲気というのは、

肌で感じるものなのですね。

そういう直感は大切にしてくださいね。

 

 

 

ベトナムで体調を壊して

病み上がりということもあったので、

プノンペンではあまり

歩き回りませんでした。

 

 

しかし、 二箇所 だけ行った場所があります。

 


それは、 


トゥールスレン虐殺博物館
キリングフィールド 


と呼ばれる場所です。

 


私は精神的にかなりの衝撃を受けました。

 

 

この後すぐにアップするので、

 
実際に行ってみてどう感じたか、

私にどのような変化があったのか、

 

たくさんの人に伝えたいことを書いたので

重い内容ではありますが、読んでいただけると幸いです。

 


やっぱり読んでほしいな〜

……読んでください!笑

 

 

 

ありがとうございます。

 

f:id:littlegreeneri:20190811223349j:image
f:id:littlegreeneri:20190811223352j:image
f:id:littlegreeneri:20190811223341j:image

 

【ベトナム編】約一か月にかかった費用!

 

お盆前に休みがあったので、

今日はゆっくりしようと思います♡

 


相変わらずホテルの仕事は楽しくて、

お客様からのアンケートやメモ?もあり

とても嬉しい毎日です。

 


せっかく来て下さったので、

ホテルではゆっくりくつろいでいただきたいですね。

 


えりりんです。


------------------


ベトナムが終了したので、

記録のため、そして今後の予算の参考にしていただくために、かかった費用をざっくり

ほんとにざっくり…

(おおざっぱなので許してください。)

書きたいと思います! 

 

ベトナムでの費用

 


期間

 約1ヶ月と1週間

ベトナムには2019年3月29日から5月7日まで滞在していました。

 
まずは結論から

 約11万ほど。そして、抑えたい人はもっともっと抑えることができます。

1日3000円もあれば十分だと感じました。

(あくまでも節約バックパッカースタイルの旅です)

※そこまで我慢はしませんでしたよ☆


移動手段

 電車かバス、あとはGrabタクシーでした。

 

訪問場所

 
結構移動した方だと思います。

ツアーも4,5回行ってます。

 

観光

どこに行くか

何をするか、です

ひたすら観光したいアクティブな人は、

ツアー、移動費、入場料などがもう少しかさむと思います。

 


私みたいに、現地についてからノリでどこかでいくフラフラタイプ(笑)は、

うん、気にせずフラフラしましょう。

 

宿泊費

 1泊平均1000円(またはそれ以下)

だいたい800円もあれば、ちゃんとしたドミトリーに宿泊できます。だいぶ安い宿もたーくさんありますが、、自己責任で。笑

 

女の子は特に、お金で安全を買いましょうね。

命がなければ、感動もできないですよっ!


2人以上なら、普通のワンルーム?個室?をシェアした方が快適です。シャワーが部屋にあるので!

一泊約2000円ほど。(1人約1000円〜)

 
※虫とか汚れとか気になる人は、サイトのレビューを見てくださいね〜

評価が低い場所は…ある虫が5匹ほどいましたよん♡(発狂)

 


ちなみに、Booking.comAgodaなどで予約して行った方が安い場合がほとんどでした。(95%くらい笑)

部屋数に余裕がありそうだったら(残数が乗っていなければ)、直接行って交渉するのもいいですが、私はいい結果が得られませんでした…

 

SIMカード

 街中で簡単に手に入ります。

大丈夫、高くない。(ナウシカ風)笑

1000円とかだったような、

そして5GB使えたような、、

3週間使えたような、、、笑

はい、曖昧で申し訳ございません。


とりあえず心配しなくていいってことです!

 

 食事

 めちゃくちゃ節約するなら、

一食200円以外で食べれますが、

(フォーがそのくらいだった)

私は飽きましたー

それにザ・ローカル!って場所。

 (私は何でも食べることができるので、問題なし。)


私の予算は1日1000円くらいでした。

節約したい方は、ホステルで朝食付きのところが多いので、

そちらに宿泊されるといいですね!

 


そして…私ラーメンが大好きなので、

4回ほどラーメンを食べに行きました。

500円,600円くらいだったかと記憶しております。

美味しかった♡ 

 

その他出費

 お土産は一切買っていません

トイレットペーパー

生理用品

コンディショナー

石鹸

お菓子

 
などを購入しました。

ここに関しては、人によりますね。

 


本当にざっくりですが、

こんな感じです。

参考にしていただければ幸いです♡笑

 

f:id:littlegreeneri:20190809135337j:image

ホーチミンで私は何をしたのか

 

こんにちは、

 

えりりんです。

---------------------

(2019/04の出来事)

 

 

 

(…ん?何かがおかしいな)

 

 

 

1日目に張り切って街に繰り出した私は、

戦争博物館や少し散歩をして

ホステルへ帰ってきました。

f:id:littlegreeneri:20190805213516j:image
f:id:littlegreeneri:20190805213520j:image
f:id:littlegreeneri:20190805213527j:image


2日目。

もはや記憶が曖昧なのですが、

突然の微熱が2,3日続きました。

当時は特に風邪の症状もなく、

ただ身体がだるくて

何もできなくなりました。

 


わはは。

 

 

 

高熱じゃなく微熱なので…

ほったらかしにしていました。

 

 

 

後から風邪の症状がやってきたので…

ひどい風邪をひいたみたいです。

(中々しんどかったので、他の病気だったかどうかは不明です)

 


しんどくても昼食と夕飯を食べるため、

外出したのですが、

万が一道端で倒れた場合用に

スマホの待ち受けに名前と宿泊施設、

そして日本にいる母親の電話番号を記載して

設定しました。

 


我ながらいいアイデア!笑

 


倒れたら完全に身元不明ですからね。

それだけは避けたかったです。

 

 

 

そしてですね、

一度回復したと思いきや

別の体調不良(♀)と重なり

精神的に追い詰められてしまいました。

 

 

 

涙が勝手に溢れてきて、

あら大変!

 

 

 

これはこれは、約10日間の長い長い戦いでした。

 


本来なら3,4記事書けるはずだった

 


ホーチミン

 


での出来事でした!笑

 


しかし皮肉なことに、

日本で計画を練っていた頃…

ホーチミンではカンボジアへ行く前に身体を休める

と決めていたのですが、

全くもってその通りになりましたとさ。

 

 

 

 

次の次あたりで
いよいよカンボジアの首都、

シェムリアップへと向かいます。